Exotic Dimensions
 

New Single: A Maiden Made Not of Clay

(粘土で創られていない乙女)

Now on Sale

購入には、四分音符を

​クッリクしてください。

 

A Maiden Made Not of Clay

 

 

Lyrics by Daniel Shkolnik

 

 

Verse 1


I do remember

long ago, far away 

I met a maiden made

of something other than clay

 

Then when the spring arrived

Seeds and rain, flowers became.

Winds blew the grasses ‘round 

and bent them with dew.


Chorus 1


When the cold cut the air

my love danced on autumn leaves

with her golden jangling bangles 

all a-ringing on her sleeves.

 

When the snow did arrive

our cheeks brushed beneath the furs.

Knowing that the war was soon to come         

we were glad to be alive.

 

Verse 2  

Peace comes on slowly

the fires of war, dying down.

The soldier is lonely

alone on dark ground.

 

Seasons have slipped off

where they go, I can’t know.

Memories visit me

from long, long ago:

 

Chorus 2

 

When the cold cut the air

my love danced on autumn leaves

with her golden jangling bangles 

all a-ringing on her sleeves.

 

When the snow did arrive

our cheeks brushed beneath the furs.

Knowing that the war was soon to come 

we were glad to be alive.

 

Chorus 3

 

I recall long ago

when we shared the same soul

running through the bursting flower beds

each morning.

 

Then came stars

Then came birds

Then came dawn without a word,

greeting each and every living thing

with blessings.

 

Ohhhhhh let go.

Memory is but a mockery

I tell thee.

 

Goooooo homeward

Loosening the strings upon my harp

I play it no more.

 

Loosening the strings upon my harp

I play it no more.

 

Loosening the strings upon my harp

I play it no more

 

粘土で創られてない乙女

 

歌詞 by Daniel Shkolnik

 

Verse 1

私は覚えている

ずっと昔、遠い場所で

私は粘土以外で創られた乙女*1に出逢った

そして春が訪れた時

種と雨が花になり

風が露のついた草ぐさの周りを吹き抜けそれを折った

Chorus 1

冷たい風が吹いた時

私の恋は秋の葉の上で踊った

彼女の袖でガシャガシャとなってる

黄金色の腕輪たちと共に

雪が訪れた時

毛皮のファーが私たちの頬を擦った

戦争がもうすぐ始まると知ってたから

生きていることが嬉しかった

Verse 2  

 

平和が少しずつやってくる

戦火は消えて行っている

兵士は孤独に暗い地面の上で一人いる

季節はどこかに行ってしまった

どこに行ったのかは知らない

記憶が蘇る

遠い遠い昔から

Chorus 2

冷たい風が吹いた時

私の恋は秋の葉の上で踊った

彼女の袖でガシャガシャとなってる

黄金色の腕輪たちと共に

雪が訪れた時

毛皮のファーが私たちの頬を擦った

戦争がもうすぐ始まると知ってたから

生きていることが嬉しかった

Chorus 3

昔を思い出す

私たちが魂を共有していた時を

毎朝咲き乱れる花のベッドを走り抜けた

そして星がやって来て

そして鳥がやって来て

そして夜明けが言葉もなしにやって来て

太陽が生きているそれぞれの、全ての生き物に

祝福と共に挨拶していた

Chorus 3’

行かせてくれ

記憶はあざけり以外の何者でもないと

神よ、私はあなたに言います

家路に向かおう

ハープの弦を緩めよう

もう弾くことはないから

*聖書では、人間は粘土で作られたとされる。

粘土で作られていない乙女というのは、同じ

人間とは思えないほど素晴らしいという意味が込められている。